本態性高血圧と二次性高血圧

高血圧と一口にいっても実は種類があるということはご存知ですか?本態性は一般的にイメージされる高血圧ですが二次性になるとまた違ってきます。当サイトで自分の高血圧を詳しく知り治療を効率的に行いましょう。

本態性高血圧とその原因

実は高血圧は一次性と二次性に分類されています。
そしてこの内、一次性は本態性高血圧とも呼ばれています。
どちらにしても常時、血圧が高い状態であることを指しているのには変わりないのですが、二次性は高血圧になる原因が明らかであるのに対し、本態性はその原因が不明瞭であると言う違いがあります。

ちなみに二次性で、高血圧の原因になっているとされる病気には腎臓病やホルモン異常の病気などが挙げられます。
こちらは、これらの病気を治療していけば高血圧状態も改善されていきます。
一方の本態性ですが、明確な理由がないと言うことですが、必ずしもまったく原因が特定できないと言うわけではありません。

本態性高血圧の原因として考えられるのは、まずは生活習慣です。
高血圧は生活習慣病にも該当していますから、塩分の過剰摂取や脂質の多い食事などを続けていたと言う場合は、それが原因と考えられます。
あるいは長年にわたり喫煙習慣があるとか、毎日、結構な量の飲酒をしていた、また日常生活においてほとんど運動をしてこなかったと言う場合も同様です。
また個人の体質や体型が原因になることもあり、たとえば年齢を重ねたことなどによって血管が劣化していたり、柔軟性を失ったりしていると、それが原因になることもあります。

また体型に関しては、やはり食生活の乱れや運動習慣がないことによって肥満気味だと言う場合は、それが原因になる可能性も高くあります。
そして高血圧は、実は家族間において、ある程度の確率で遺伝するものであると言うことが明らかになっています。
ですから、家族にそうである人がいると言う人の場合は、そのことが本態性の原因であることもあります。
ただし遺伝に関しては、あくまでも『なりやすい』と言うレベルの話なので、生活習慣で防ぐことは十分に可能です。

また高血圧が長い期間、続くようなら治療薬を用いるのが一般的です。
高血圧治療薬には様々な種類がありますが、メインテート・コンコールという医薬品は他の器官への影響がないので安全といえます。
メインテートでβ1受容体を阻害することで過剰な心拍を抑制しすることができます。
そのため、高血圧のみならず不整脈などの治療にも用いられます。

次にノルバスクという医薬品です。
このノルバスクは老若男女使用可能で年齢に関係なく服用できる治療薬になっています。

■高血圧症に効果的な利尿剤です
フロセミド