高血圧と一口にいっても実は種類があるということはご存知ですか?本態性は一般的にイメージされる高血圧ですが二次性になるとまた違ってきます。当サイトで自分の高血圧を詳しく知り治療を効率的に行いましょう。

座談会によると、高血圧には玉ねぎが有効?!

 日本人の食生活が塩づけの食生活であるという話は、聞いたことがあるでしょう。医療関係の座談会でも話題になることがありますが、塩は高血圧によくないと言われており、健康問題の一つとなっています。一般的にも、食生活の中で食塩摂取量を減らしていくことの大切さが浸透してきており、日本人の食塩摂取量は以前より減ってきています。しかし、それでも高い状態は続いており、東北地方と関西地方とでは、塩分の摂取量に差があることも明らかになっています。
 そう考えると、減塩はとても難しいことのように思いがちです。しかし日本人の場合、減塩を実行するのはそれほど難しくないのではないか、と考える外国人の研究者もいます。この間の座談会で外国人の研究者が話していた内容によると、味噌汁や梅干し、塩辛い漬け物などをなるべく避ければ、それだけでもかなりの減塩が期待できるということなのです。例えば、ラ-メンなど濃い味の汁を飲まないようにするなども有効な方法の一つです。そして、そういう習慣を子供の頃からつけておくことが、予防という点から見ても非常に大切だということなのです。
 また、予防という点から考えると、高血圧に有効な食材の一つに玉ねぎがあるということも座談会で話題にあがりました。玉ねぎを食べると血がサラサラになるので、高血圧の予防につながるのです。では、玉ねぎのどのような成分が高血圧予防につながっているのでしょうか。
 それは、玉ねぎの硫化アリルという成分です。この硫化アリルは、ユリ科の植物(ニンニク、タマネギなど)に多く含まれています。この硫化アリルは、血液のかたまりを溶かしたり、血液の中の脂質の量を減らしたりしてくれます。ですから、血管が老化したり血中の脂質率が上がって高血圧につながることを防いだり、改善したりすることにつながるのです。高血圧が気になる人は、日常の食生活に玉ねぎをうまく取り入れてみるのも方法の一つですね。