高血圧と一口にいっても実は種類があるということはご存知ですか?本態性は一般的にイメージされる高血圧ですが二次性になるとまた違ってきます。当サイトで自分の高血圧を詳しく知り治療を効率的に行いましょう。

高血圧を防ぐためにドレッシングの制限を告知される

調味料に含まれる塩分は意外と多いもので、自分では減塩生活を送っていると感じていても、実際は1日10g以上摂っているケースも少なくありません。
高血圧の原因の第一位が塩分の摂り過ぎである以上、病院で診断を受けたときにドレッシングなどの調味料を減らすように告知されることはあります。
食品そのものに含まれる塩分より、むしろドレッシングなどに含まれる塩分のほうが多いくらいです。
日本食は日本人の健康維持のために最適ですが、塩分が多いという唯一の欠点があります。
1日3回和食を摂っている方は、塩分過多になっている可能性があります。
和食の頻度が多い方ほど、健康診断や人間ドックで高血圧を告知される可能性が高いです。
ドレッシングなどの調味料をよく利用される方は、減塩タイプを選ぶのもよいでしょう。
塩分量が少ないほど高血圧のリスクは低くなります。
また、減塩は胃粘膜への負担を軽減するため、胃がんのリスクも低くしてくれます。