高血圧と一口にいっても実は種類があるということはご存知ですか?本態性は一般的にイメージされる高血圧ですが二次性になるとまた違ってきます。当サイトで自分の高血圧を詳しく知り治療を効率的に行いましょう。

高血圧剤であるCA拮抗薬の副作用には立ちくらみ

高血圧剤には作用機序によって4つに分類されます。血管を広げて血圧を下げる「CA拮抗薬」、おしっこを出しやすくして血圧を下げる「利尿剤」、血圧上昇ホルモンに作用する「アセチルコリンエステラーゼ阻害薬」、心臓に働いて下げる「β―阻害剤」です。
症状や持病などを考慮して、医師がどの降圧剤にするかを決めます。また効果が弱いときには、CA拮抗薬を基本に2~3種類を併用することもあります。
この中でいちばんよく使われている降圧剤がCA拮抗薬です。効果もよく出ますが、副作用で立ちくらみがあります。自分で毎日決まった時間に血圧をチェックしていきながら、あまりにも下がって立ちくらみがするようなら、薬が効きすぎたと考えるようにしましょう。このようなときには担当医に直接申しでてください。また薬を交付する薬剤師さんに相談されてもけっこうです。立ちくらみが改善されたら、降圧剤の効きが強かったと断定されます。
日本人は、塩分の摂りすぎが多いのですので高血圧を患っている方多いです。高血圧を未然に防ぐには、塩分の摂りすぎをやめましょう。またタバコを吸っていれば禁煙しましょう。タバコに含まれているニコチンが血管を収縮して血圧を上がりやすくします。肥満も要注意です。とにかく毎日の生活習慣がどうであるかによって高血圧であるかないかが決まってきます。年とともに血圧が上りやすくなりますので、中年期にさしかかったら血圧を調べましょう。血圧が気になるようであれば医療機関の受診をすすめます。受診のさい、薬が必要であるとわかれば薬が処方されます。
血圧の高い状態が長期に渡ってつづくと、血管が硬化してきて、最終的には脳梗塞や心筋梗塞になりやすいです。とにかく塩分の摂りすぎを止めて、適度な運動(ウオーキングなど)も必要です。健康管理をしっかりしましょう。