Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

木村心美『Cocomi』のフルートの実力がヤバすぎる!学生時代から優秀賞を総なめしていた!

木村拓哉の娘、木村心美さんがついに表に姿を現しましたね!すでにYahoo!ニュースにも取り上げられており、そのお顔を見た時に、「えー!!全然、木村拓哉にも工藤静香にも似てへんやーん!!」「ほんまに、血つながってんのー!?」と隠し子ないし養子という趣旨違いなことを考えてしまいましたが、正真正銘、お二人の子供さん、娘さんのようですね。

そんな木村心美さんは、2020年3月末にCocomiという名称でモデルデビューすることが確定。今後のモデル活動にも注目が集まりますが、実は木村心美さんはプロオーケストラで音楽家、フルートを担当していることもわかりました。

しかも、美人!ときたら、やはりサラブレッドの血筋はスゴイな・・・と嫉妬してしまいます。

そこで今回は、そんな木村心美さんの音楽家としての一面、フルートの実力だったり、なぜ音楽家、それもフルートを演奏しようと思ったのか、今後の音楽活動についても言及しながら、いまだ謎が多い木村心美さんの音楽活動面に焦点を当てて、ご紹介していきたいと思います。

他のどこよりも詳しくお届けしていきますので、どうぞ、最後までご覧ください!

 

木村心美は音楽家として才能を発揮!フルート奏者として活躍!

木村心美さんがフルートの演奏を始めたのは11歳の時だったようです。2020年3月現在、彼女の年齢は18歳ですが、幼少期から現在にいたるまでどのような活動をしてきていたかについては、謎のベールに包まれていました。

 

木村心美はフルートだけでなく、バイオリンやピアノも得意

kimurakokomi-flute
出典:https://mayuchat.com/

木村心美さんはフルートの他にもバイオリンやピアノも得意とのこと。

ヒマツブシくん

上品さが群を抜いておるwww

バイオリンはなんと3歳の時から始めたようで、さすが木村家!お金持ちだなぁと。

 

しかし、一つの楽器の演奏ができれば他の楽器もすぐに覚えられるように思いますが、鍵盤や弦楽器などジャンルが違う楽器を同時にこなすというのはなかなか難しいので、やはり元々持っている才能が違うのかな?と思いますよね。

そして、よりレベルの高い技術を習得できるよう、木村拓哉さんは一流の音楽スクールでレッスンを受けさせたり、自宅には完全防音完備の練習ルームなども設けているんです!!

木村拓哉さん自身、やるからには中途半端な気持ちで音楽の勉強に取り組んで欲しくない!!と考えているのでしょう。

ヒマツブシくん

これは上達せえへんわけがないわな!




 

木村心美の音楽活動~JPCOに所属~

kimurakokomi-flute
出典:https://www.instagram.com/cocomi_553_official/

2019年12月から、木村心美さんは「JPCO」というプロオーケストラグループに所属し始めたということがわかっています。

JPCOとは

 

作編曲家の久保田 千陽(ちあき)さんにより、2017年に結成された合計50名で構成されるオーケストラグループ。現在のメンバー数は約50人で、ピアニストやチェロ、フルートなど多くの楽器演奏者を抱えています。

 

しかも、メンバーは美女ばかりというからスゴイ!一部、男性も少数ながら在籍しているんだとか。

 

そして、その実力は折り紙付きで、槇原敬之や三代目JSB、高嶋ちさ子といったアーティストのコンサートサポートメンバーだったり、レコーディングメンバーをも務めており、まさにプロ中のプロメンバーなんです。

モデル活動と並行して、音楽活動も今後継続していくことがわかっています。

 

JPCOに所属するきっかけ

木村心美さんは2019年10月に、JPCOの運営サイドと初対面。

なぜ、JPCOと縁があったのかと言うと、木村心美さんの出身校である桐朋女子高等学校出身の現JPCOメンバーから、「ここみちゃんも一緒にやってみない?」とオファーを受け、木村心美さんは「やってみたいです!」と積極的に回答したことから、所属が決まったんだとか。

 

木村心美のJPCO所属について、母・工藤静香は・・・

kimurakokomi-flute
出典:https://www.instagram.com/cocomi_553_official/

木村心美さんのJPCO所属について、母親である工藤静香さんは1つの条件を出しました。それは、「顔出し写真を表に出すことの禁止」です。

工藤静香さんは、わかっていたのでしょう。というか、そのような前提で子育てをしていたのかもしれません。

いずれ将来どこかのタイミングでくるであろう芸能界デビューの時まで、木村心美さんの顔は表には絶対に出さない、情報は表には極力出さずに、しかるべきタイミングで一気に出して売り出そうと考えたのです。

ヒマツブシくん

さすがに芸能界のことは木村拓哉も工藤静香もよーく知ってるやろうからなぁ。娘が芸能界に興味を持って、実際にデビューするとなれば、しっかり売れるようにしてあげよう!と思うのが、親心ってやつやわな

 

その申し出にJPCO側も快諾。普通、演奏家は顔出しで活動するのですが、二世ということもあり、それも日本国民なら誰でも知ってるであろうビッグ夫婦の娘である木村心美さんは特別扱いで、こうして、顔出しをしないまま音楽活動をすることになったのです。

 

木村心美はなぜ本名で音楽活動を始めたのか

気になった人も多いのではないかと思うんですが、木村心美さんはモデル名こそCocomiとローマ字を使っていますが、それでも、結局は本名を使っていますよね。

芸名で活動することは考えなかったのでしょうか。

この点についても、木村心美さん本人の意向があったようです。

 

というのも当初、JPCO側は偽名での活動を提案したようで、それに対して、木村心美さんは「本名でやらせてください!」と即答。というか、頭を下げて、「本名で!」とゴリ押ししたことがわかっています。

本名で活動することにした本当の理由は木村心美さんにしかわからないことですが、彼女のことをよく知る関係者は、「過去、学生時代からコンクールには『木村心美』という名前で活動してきたこともあり、今後もその名前でもって活動するというある種のプライドがあったのでは?」と話しています。

ヒマツブシくん

親からもらった名前を大事にしたい。と思ったんかもしれへんな




 

木村心美の学歴~フルートの実力をつけた学生時代~

さきほど冒頭で、木村心美さんは2020年現在18歳ということをお伝えしましたが、現在は大学生です。

学生時代は、過去現在、音楽スキル向上に努めてきたということですが、いったいどこの学校に通い、どんな学生生活を送ってきたのでしょう。

 

木村心美が通っていた幼稚園

kimurakokomi-flute
出典:https://geitopi.com/

木村心美さんが通っていた幼稚園は、アオバジャパンインターナショナルです。彼女はこの幼稚園を2006年8月に卒園しています。

kimurakokomi-flute
出典:https://kosodate.itot.jp/w-tokyo/654

住所:東京都目黒区青葉台2丁目11−5

 

ちなみに、学費は以下の通り。

kimurakokomi-flute
出典:https://chiik.jp/articles/14tBu

この学校に通っているという情報の正確性については、日本語でやりとり可能なカナダの総合サービスサイト「jpcanada.com」内に2008年8月5日に投稿された以下の記事から見て、間違いないと思われます。

「青葉ジャパンインターナショナルスクール」。ここは宇多田ヒカルの母校であり、現在はキムタク・工藤静香夫妻の娘二人が通園しているんです。
引用元:jpcanada.com

アオバジャパンインターナショナルスクールのキャンパスは光が丘キャンパスと目黒キャンパスの2つ。木村拓哉さんの自宅は東京都目黒区にあることから、目黒キャンパスに通っていたのではないか?と言われています。

kimurakokomi-flute

kimurakokomi-flute

kimurakokomi-flute

 

木村心美は幼稚園で英語をみっちり勉強!

幼稚園時代は、毎日英語漬けの日々だったようですよ。英才教育ってやつですねー!




 

木村心美が通っていた小学校

木村心美さんは2006年9月ブリティッシュ・スクール・イン・東京へ入学したとされています。卒業年月は2012年8月

こちらも、キャンパスが分かれており、渋谷キャンパスと昭和キャンパスの2つがあります。

住所:

【渋谷キャンパス】 (5~7歳)東京都 渋谷区渋谷1-21-18
【昭和キャンパス】(8歳~11)東京都世田谷区太子堂1-7-57学校法人昭和女子大学内 5号館3階・4階・5階

 

英語力を身につけて欲しいという木村拓哉さん&工藤静香さんの思いもあったと思いますが、インターナショナルスクールは一般的な学校に比べると芸能人の子供だから!と周りの子供たちから差別を受けることがあまりないと言われているので、そういった面を配慮してブリティッシュスクール東京渋谷校に入校された可能性も考えられますね◎

 

ちなみに、学費がコチラ。

kimurakokomi-flute
出典:https://cocoiro.me/article/44041/2#i-10

 

しかし、この学校に実際に通っていたかどうか、情報の正確性については、やや不安があります。

というのも、情報ソースとしては、2018年7月17日発売の『週刊女性』に「木村拓哉・工藤静香夫婦は、娘のKokiを、英国式のインターナショナルスクールに通わせている」という情報が掲載されていたことから、この英国式のインターナショナルスクールとはブリティッシュ・スクール・イン・東京なのではないか?と言われるようになったという「憶測」が始まりなんですよね。

その情報から、木村心美さんの妹であるkokiさんがその学校に通っているということであれば、姉の木村心美さんも同じ学校なのでは?ということになったというわけなんです。

 

それでも、ある程度、信用度は高いのでは!?とされる理由があります。

それが以下。

 

木村心美は小学生時代から、フルートコンテストで優秀事績

小学生時代、第23回ヤマノジュニアフルートコンテストに、木村心美さんと妹kokiさんは出場し、同じ小学生の部でお二人とも上位入賞を果たしているんですよね。

kimurakokomi-flute

出典:https://resumedia.jp/25555.html

ご覧の通り、木村心美さんが最優秀賞、妹の光希さんが優秀賞に入賞しています。「同じ小学生の部だから、同じ小学校に通学している」という見方は少々強引ですが、同じ小学校に通っていたのでは!?とされています。




 

木村心美が通っていた中学校

木村心美)さんが通っていた中学校はブリティッシュ・スクール・イン・東京。ここに、2012年9月に入学し、2017年3月に中退しています。

住所:東京都世田谷区太子堂1-7-57学校法人昭和女子大学内 5号館3階・4階・5階

 

木村心美さんがブリティッシュ・スクール・イン・東京出身であるということは、

  1. Cocomiさんが、インターナショナルスクール出身であるということ。
  2. 2007年12月20日発売の『女性セブン』の記事内で、インターナショナルスクールのことを工藤静香さんにインタビューした際、「アメリカ英語とイギリス英語がどちらが好きか」という質問に、工藤静香さんは「イギリス英語」と回答しているということ。

上記の2点から推察するに、東京都内でイギリス系インターナショナルスクールは、上記1校だけなので、まず間違いないだろう。と言われています。

となれば、小学校もブリティッシュ・スクール・イン・東京である可能性が高いですね。

 

さて、ここで気になるのが、「なぜ、木村心美さんは中退したの?」ということだと思うんですが、イギリス式の学校は、中等部が5年間あるんですね。

イギリス式では、11歳から15歳までの5年間を『Secondary School』と呼び、木村心美さんは高校からは、日本の高校に入学することを考えていたために、中学を4年半で中退したということなんです。

kimurakokomi-flute

出典:https://resumedia.jp/25555.html

さらに、コチラの画像をご覧いただければわかりますが、同じ制服ですよね!

ということは、同じ学校に通っていたということであり、ブリティッシュ・スクール・イン・東京は、日本の学校でいうところの小学校・中学校一貫校のようなものですから、その観点から考えても、小学校・中学校ともに、木村心美さんは、ブリティッシュ・スクール・イン・東京に通っていたと見てよいでしょう。

ちなみに、木村心美さんは中学生時代はコンクールに出場したという情報はないんですが、このように演奏会には出場しています。

 

家族でヨーロッパへ音楽旅行

kimurakokomi-flute
出典:https://resumedia.jp/25555.html

ちなみに、この時期、2014年8月には、世界クラスのフルートをその目で見ることを目的に、音楽の本場であるヨーロッパへ旅行に出かけたことが、写真週刊誌の報道でわかっています。

ヒマツブシくん

さすがに、家族総出で本気やな!




 

木村心美が通っていた高校~コンクール実績がハンパない!~

さきほど紹介した通り、木村心美さんはブリティッシュ・スクール・イン・東京を中退して、2017年4月桐朋女子高等学校・音楽家へ入学しています。卒業年月は、2020年3月

kimurakokomi-flute
出典:https://www.minkou.jp/hischool/school/3005/

住所:東京都調布市若葉町1丁目41−1

桐明女子高等学校は昭和20年創立の歴史あふれる学校♪

そして、桐朋音高入学式には母親の工藤静香さんと妹のKoki,さんも一緒に出席していたと言われています。

芸能人並みに可愛いルックスの持ち主である木村心美さんは学校の中でアイドル的存在になっていたみたいです。

 

全国の高校の中でも音楽コンクールの受賞者が多く在籍している高校は「東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校」「東京音楽大学附属高等学校」、そして木村心美さんが現在通っている「桐朋女子高校音楽科」だと言われています。

尚且つ楽器の練習環境も整っていたり、レベルが高い講師から手取り足取り技術を教えてもらえたりと音楽家を目指している学生さんにとって非常に良い環境が整っているとのこと。

このような良質な環境で毎日練習に打ち込むことができているので、他校の生徒さんよりもハイスピードで実力を伸ばしていることかと思われます。

 

ちなみに、学費は以下の通り。

kimurakokomi-flute
出典:https://www.toho.ac.jp/chuko/applicants/fee/

 

木村心美さんが、桐朋女子高校に通学していた情報は正確です。

というのも、桐朋女子高校の公式サイト内で、『日本奏楽コンクール』における高校生部門でなんと第1位で、フランス近代音楽賞と総合準グランプリの受賞が記録されているからです。

kimurakokomi-flute
出典:https://resumedia.jp/25555.html

 

さらに、日本奏楽コンクールの公式サイトにも木村心美さんの名前が入っており、

kimurakokomi-flute
出典:https://resumedia.jp/25555.html

こちらのコンクールには大学生も出場しているんですが、高校生の木村心美さんが準グランプリに選出されていることからも、その実力の高さがうかがえますし、よく見るとグランプリはいないなので、高校生部門で第1位なのはもちろん、全体を通しても1位であることがわかります。

 

ちなみに、桐朋女子高校は女子校なのですが、同校卒業生にはあの指揮者の小澤征爾さんやオーボエ奏者の宮本文昭さんがいるんですよね。

男性なのになぜ?と思われるかもしれませんが、実は音楽科だけは共学なんですよね。

ヒマツブシくん

ということは、ほぼ女子高に男子が混ざってるってこと?ハーレムやん!!絶対、高校生活、楽しいやつやん!!!←おまえ、変なことしか考えてへんやろw

 

さらにさらに、これで驚くことなかれ・・・

 

木村心美は2018全日本学生音楽コンクール東京大会の予選を突破

kimurakokomi-flute
出典:https://buzzlog.net/

木村心美さんは2018年8月24日に開催された全日本学生音楽コンクール東京大会の予選を見事突していることもわかっています。

下から5番目に木村心美と書かれていますが、この女学生は木村拓哉さんの長女、木村心美さんで間違いないでしょう。

全日本学生音楽コンクールについてあまり知らないという方のために簡単に説明させて頂くと・・・全日本学生音楽コンクールは1947年に始まった毎日新聞社が主催の伝統ある音楽コンクールです。

そして、将来プロを目指している学生にとって、最も難易度が高いコンクールなんですよね。

競争率が激しいと言われているコンクールの予選に突破するということは、木村心美さんのフルートの実力はかなりのものだということがわかるかと思います。

 

さらにさらに・・!!

kimurakokomi-flute
出典:https://resumedia.jp/25555.html

 

木村心美さんのフルートの実力がわかる指標として、木村心美さんが入学した当時の桐朋女子高校のフルート演奏者枠合格者はなんと、実は木村心美さん、たった1人なんですよね。

これ、衝撃じゃないですか!?

中学を中退して入学したということはすでに↑で書きましたが、猛烈に勉強したであろうことは、これですぐにわかりますよね。




 

木村心美が通っている大学

そして、2020年現在、木村心美さんが通っている大学は桐朋学園大学音楽学部音楽学科です。2020年4月に入学し、2024年3月に卒業予定で動くことでしょう。

kimurakokomi-flute
出典:https://up-j.shigaku.go.jp/department/category06/00000000265501001.html

住所:東京都調布市調布ケ丘1丁目10−1

 

ちなみに、学費は以下の通り。

kimurakokomi-flute
出典:https://www.tohomusic.ac.jp/college/admissions/fee.html

 

木村心美さんが桐朋学園大学に進学するということは、2020年3月19日に出された『サンケイスポーツ』に掲載されていることから事実です。

4月から桐朋学園大に進学し、フルート奏者を極めるため学業優先で、今回の仕事以外は当分の間、芸能活動を控える予定だ。

引用元:【キムタク&静香の長女、Cocomiが芸能界デビュー!「VOGUE JAPAN」表紙に(サンケイスポーツ)】

大学では、高校時代から師事している桐朋学園大学の教授でかつNHK交響楽団のフルート奏者、アジア・フルート連盟東京常任理事でもある『神田寛明』氏からフルートを教えてもらう手筈となっているとのこと。

kimurakokomi-flute
出典:https://pearlmusicinstrumentaljp.com/flute/artist/hiroaki-kanda/

木村心美さんは、2017年からはフランスへ留学予定だったという情報もありますが、フランスでテロがあったということもあり、政治的に不安定なことから、このタイミングでの留学は断念したと言われています。

フランスはフルートの本場で、世界的権威の『ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール』が開催されることから、これからもフルートの道で活動していくということを考えれば、いずれ留学する可能性は高いでしょう。

ヒマツブシくん

妹の光希は「お姉ちゃんにフルートでは勝てない」っておもったんちゃうかな。だから、自分は別の道を志した。そんな風に思えてならんな。




 

木村心美の将来の夢は音楽家

kimurakokomi-flute
出典:https://nensyu.site/

木村心美さんは母親である工藤静香さんに「将来の夢は何?」と質問された際、「フルート奏者になりたい」「フランスへ音楽留学に行きたい!」と熱く語っていたそう。

工藤静香さんは「もしもフルート奏者になれなかったらどうするの?」と意地悪な質問を返したところ、「もし音楽家になれなかったら声優になりたい」「声優がダメなら女優かな」と答えたと言われています。

キムタクファンとしては是非女優デビューして欲しいと思いました(笑)

そして、いつの日か木村拓哉さんと親子共演なんか実現できたら尚素敵ですよね〜。

ただ、心美さんは自分に対してストイックな木村拓哉さんに似て、人一倍努力を重ねているようですし将来は間違いなく、第一志望である音楽家の道へ今後も進んでいくことでしょう。

最後までご覧頂き、有難うございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)