Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

三島由紀夫の筋肉をつける前がキモガリオタクで衝撃!ボディビルを始めたきっかけは?

作家・三島由紀夫といえば、『仮面の告白』『潮騒』などで知られる文豪ですね。

政治的思想も深かった三島由紀夫は、1970年に自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を遂げ最後の日を迎えます。

そんな三島由紀夫は鍛え抜かれた肉体で筋肉が凄いことで有名ですが、筋肉をつける前の姿はあまり知られていないのではないでしょうか?

今回は三島由紀夫の筋肉画像やボディビルを始めたきっかけについて調べてみました!

 

三島由紀夫の筋肉が凄い!

出典:https://matome.naver.jp/

三島由紀夫(本名:平岡公威)は、小説家や劇作家としてのみならず、政治活動家や評論家としても有名ですね。

戦後の日本文学界をになった作家であり、海外でも有名になりました。

そんな三島由紀夫は徹底的に体を鍛えており、その筋肉がすごいことで知られています!

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://matome.naver.jp/

出典:https://goetheweb.jp

まるで鋼のような肉体ですね!

今でこそ筋トレブームで鍛える人が多いですが、設備もあまり整っていない時代にここまで鍛えられるのはすごいと思います。




 

三島由紀夫が筋肉をつける前の画像がヤバすぎる!

出典:https://fknews-2ch.net/

ヒマツブシくん

こ、こ、これは!!!!www

こちらは三島由紀夫が筋肉をつける前の画像です。

まるで別人ですね・・・!

三島由紀夫は意外にも自身の肉体に異常なまでのコンプレックスをもっており、もともと華奢な体型をしていることが嫌だったようです。

そこからあの筋肉隆々な体型に変われるのですから、よほど努力したのでしょう。

ヒマツブシくん

コンプレックスあって当然のオタクっぷりやなww筋肉つけて、自信ついたんやろなぁ。顔つきが全然違うもん!

 

三島由紀夫がボディビルを始めたきっかけ

出典:https://grapee.jp/

三島由紀夫は自衛隊に体験入隊するのをきっかけに、体を鍛え始めます。

すでに、作家として活動していたので時間もあまりなかったのですが、46日間という本格的な体験入隊でした。

最初は陸上自衛隊に入隊し、戦車の操縦や砲兵隊員の訓練に参加したそうです。

レンジャー部隊にも志願し、体を鍛えるだけでなく草むらの蛇を生で食べたりと過酷な訓練に参加しました。

入隊に必要な体力検査として、40キロもある土嚢を何回担ぎ上げられるか、というものがありました、

鍛える前は体力がなかった三島由紀夫は、10センチぐらいしか持ち上げられず、一度も担げなかったとか。

青白く華奢な体型だった三島由紀夫は周囲に笑われ、味わったことのない屈辱をうけたはずです。

このことがきっかけでさらに体を鍛えようとヒートアップしたのですね。

三島由紀夫が自衛隊に入隊したのは、作家という自由な職業から厳しい職業を経験してみたかったからだそうです。

もともと規則正しい厳しい日課を自分に課していた三島由紀夫からすると、自衛隊での規則はさほどきつくなかったそうです。




 

三島由紀夫が筋肉美にこだわった理由


出典:https://grapee.jp/

ボディービルに凝って、その肉体を見せることに快感を覚えていた三島由紀夫。

そこまで、筋肉美にこだわった理由は何だったのでしょうか?

三島由紀夫の未発表講演によると、「文士というものは肉体のもうひとつ奥底にあるもの。肉体というものはそれを媒体にして出てくる大事な媒体。」との持論があります。

正直凡人には理解しがたい考えですが、「手書きで原稿を書く=すでに肉体を媒体にしているため、肉体に何かあれば書くことはできない。」ということです。

つまり、作家として成功するためには肉体を鍛える必要があると考えたのですね。

ヒマツブシくん

正直、俺は意味不明やけど、成功する者に哲学あり!やからなぁ

そのような思考から筋肉美を求め、その美しさこそが男の価値と考えるようになりました。

しかし、三島由紀夫はその頃から心の病を抱えており、とにかく「美」としての筋肉さえあれば健康かどうかはどうでも良かったのです。

ヒマツブシくん

アンバランスやなぁ。人間的であることはある意味、放棄したわけだ・・

彼の代表作「潮騒」は、鍛え抜かれた肉体をもつ男子と、その男子に恋をする女子といったこれまでとは違う小説をわざと書いたと言われています。

三島由紀夫の異常なまでの筋肉への執着は、45歳で自ら命をたつまで続くのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)