高嶋ちさ子の父親・高嶋弘之の職業は?ビートルズとの関係は?

バイオリニスト兼タレントとして活躍中の高嶋ちさ子さん。

最近ではソロ活動だけでなく、 12人のヴァイオリニストのプロデュースにも力を入れていたりと超天才肌の彼女ですが、一体どんな親御さんから生まれてきたのか非常に気になるところですよね^^

こちらでは高嶋ちさ子さんの父親についてご紹介したいと思います!

高嶋ちさ子の父親は高嶋弘之

この投稿をInstagramで見る

山田姉妹さん(@yamadashimai)がシェアした投稿

高嶋ちさ子さんのお父様は高嶋弘之(たかしまひろゆき)さんというお名前今年で85歳とのこと。

兵庫県出身で大学はあの名門、早稲田大学を卒業していらっしゃいます。

高嶋ちさ子の父親・高嶋弘之の職業

「高嶋弘之」の画像検索結果

出典:https://www.sankei.com

スポンサーリンク

ちさ子さん父親である高嶋弘之さんのご職業は日本の音楽ディレクター&プロデューサー♪

1959年に東京芝浦電気に入社後、レコード事業部に配属された弘之さんは25歳という若さでディレクターとしてのキャリアをスタートしました。

翌年からレコード事業部が分社化されたことをきっかけに東芝音楽工業(現在のEMI Records)に移籍し、洋楽担当のディレクターとして活動することになったそうです。

その後邦楽部門に移った高嶋弘之さんは由紀さおりさんのディレクターを手がけることに♪

あの超名曲、夜明けのスキャットを命名したのは実は弘之さんだと言われています。

1970年からキャニオンレコード(現在のポニーキャニオン)の取締役制作部長に就任し、6年後の1976年にはポリグラムグループに移籍し、チャペル・インターソング(音楽出版社)社長&ポリドール・レコードの常務を担当してきました。

こんなにも凄いキャリアを持っている旦那さんと結婚できたちさ子さんのお母様が羨ましい限りです^^

高嶋ちさ子の父親・高嶋弘之とビートルズの関係

この投稿をInstagramで見る

Koichi Hamasakiさん(@kouichihamasaki)がシェアした投稿

高嶋弘之さんについて調べていると「ビートルズ」という関連ワードが頻繁に検索されていますが、実は弘之さんは1964年から翌年にかけてビートルズのディレクターを担当していたんです!

高嶋弘之さんが勤めていた東芝音工は当時イギリスのEMIと提携関係にあり、ビートルズはEMI傘下のパーロフォンからデビューを果たしました。

しかし、弘之さんはビートルズのデビューシングルであるLove Me Doのサンプル盤を視聴した際「こりゃダメだ」と思ったんだとか(*△*;)

実際に当時、どこのラジオ局に回っても芳しいものではなかったそう…。

ただ、2枚目のシングル「Please Please Me」の売り上げは少しずつ向上し、弘之さんの中でも「これなら売れるかもしれない」という確信が生まれていったと言われています。

「ビートルズ」の画像検索結果

出典:https://sp.universal-music.co.jp

ある日高嶋弘之のもとにビートルズと同じレーベルに所属中のアーティスト、ヘレン・シャピロのファンクラブを作りたい!と男の子が訪れます。

その時にビートルズを応援してくれるなら考えてあげようという条件に了承してもらった上でこの彼と仲間達をバイトとして雇い、ビートルズを売り込む活動をスタートさせたのです★

売り込みといっても内容は完全にヤラセ!!(笑)

ビートルズが当時やっていたマッシュルームカットが流行していると国民に思わせるべく、バイトの男の子たちをマッシュルームカットにし、その姿を週刊誌の記者に取材させたり、ほかにも大学時代の後輩をラジオ番組にバイトとして送り込み、リクエストの数字の不正を行わせたりと今だったら完全にSNSで叩かれる汚い手口を取っていたみたいです^^;

この投稿をInstagramで見る

Takao Nagasawaさん(@taka_nagasawa)がシェアした投稿

かなり破天荒な売り込みを次々に行なっていた高嶋弘之さんですが、ビートルズはデビューして50数年経った今も尚、日本人に愛され続けているって素晴らしいことですよね!

スポンサーリンク

ビートルズが大人気になるまでのエピソードを知って久しぶりにビートルズが聴きたくなりました(*^▽^*)

高嶋ちさ子と父親・高嶋弘之はしゃべくり007で共演!

高嶋ちさ子さんは父の高嶋弘之さんと一緒に超人気バラエティ番組、しゃべくり007で共演したことがあるそうです。

ちさ子さんはせっかちキャラとしてお馴染みですが、この番組で弘之さんはちさ子さん以上のせっかちということを暴露したとのことw

弘之さんは収録がスタートして早々、司会の上田さんに対して「お客様の話を聞いていない!」と批判(*△*;)

そのほかにも「つまらない人の話を最後まで聞けない」「LINEで既読が表示され、5秒以内に返事がないと電話をかけてくる」といった実際に弘之さんのせっかちぶりを体験したことがあるちさ子さんが笑いを交えながら語ったみたいですよ^^

この投稿をInstagramで見る

川添 友太郎さん(@riverside_storys)がシェアした投稿

このことについてネプチューンの名倉潤さんが「俺もこういうことあるわ〜」と共感したところ、「あなたの話はどうでもいいんですよ!」と説教が始まったそう。

ほかにもホリケンこと堀内健さんが話を聞こうと弘之さんに話しかけたところ、「もうこの話は終わって次に行きましょう」と司会者っぷりに番組の進行をどんどん進めていったのですw

個人的にはさすがちさ子さんのお父さん!面白いな〜と思ったのですが、番組をみた視聴者は「自分勝手すぎる」と不快に感じた方も少なからずいたようですね><

高嶋ちさ子の父親・高嶋弘之から感謝の言葉

この投稿をInstagramで見る

YOSHIKO KITANAKAさん(@544akanatik)がシェアした投稿

高嶋ちさ子さんにはお姉さんがいるのですが、実はダウン症という病気を抱えているそう。

しかしながらちさ子さんは子供の頃から「姉がダウン症であることを周りに知られたくない!」という素振りを一切することなく、友人と会うときや彼氏とデートする時も姉を連れて遊びに出かけていたと言われています。

時には姉の未知子さんにお得意の毒舌を吐くこともあったりと、普通の家族と何も変わらないフラットな形で接してきたちさ子さんに対し、父の弘之さんは「親としてすごく助かりました!」とTV番組のインタビューを通じてちさ子さんに感謝の気持ちを伝えたことがある模様。

ちさ子さんは結婚した今でも未知子さんとお出かけすることが多く、とても良い関係をキープしているみたいですよ♪

高嶋ちさ子の父親・高嶋弘之の現在

「高嶋弘之」の画像検索結果

出典:https://matome.naver.jp

高嶋ちさ子さんの父、高嶋弘之さんは1991年にポリグラム・グループ(現:ユニヴァーサル)の中にあるチャペル・インターソングを退職後、高嶋音楽事務所を設立し現在も同社の取締役として活躍していらっしゃいます。

高嶋音楽事務所は主にクラシック音楽のアーティストのマネジメント及びプロデュース等を手がけているそう。

若い頃にビートルズを日本で大ヒットさせた弘之さんにとってまさに天職と言うべき仕事内容ですね♪

また、弘之さんは今年亡くなった高嶋兄弟の父こと俳優の高島忠夫さんの死去について「結婚してからは頻繁にあっていなかったね」「歳かなと感じました、残念ですね」とコメントを発表しています。

弘之さんは現在85歳ということですが特に大病をしているなどの情報は流れていません。

この投稿をInstagramで見る

HyLife Porkさん(@hylifepork)がシェアした投稿

ちさ子さんがバリバリ頑張っている姿を見ていたい!応援したい!という強い意志があるからこそ健康的な体をキープしているのでしょう^^

これからもちさ子さんや奥さん(ちさ子さんの母)のためにもまだまだ長生きしてほしいものですね♪

こちらでは高嶋ちさ子さんの父親についてピックアップさせて頂きました!

高嶋ちさ子コンサートの最新情報はインスタなどのSNSやブログにて確認することができます。

ご興味がある方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂き有難うございます★

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする