Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

転職活動時の企業面接対策として致命的に勘違いされていること

tensyoku-mensetsu

今回は、転職で面接が得意じゃない、まぁ言葉を選ばずいうと、面接が下手な人がしている勘違いについてお話ししていきます。

面接は自分スゴイぜアピールする場ではない

早速、結論ですけども、面接が下手な人がしている勘違いそうは何なのかというと、面接の場を自分のことをすごいってアピールする場所だと思っちゃってるんですね。

そんな勘違いをしてる人の面接は残念ながら一方通行ですし、押し付けがましいですし、採用側から見ていわゆるつまんねー面接になっちゃうわけです。退屈な面接ですね。

 

じゃあ、我々転職をする人が面接をどういう場だと捉えればいいとかというと、自分の凄さをアピールする場所ではなくて、自分とその受ける企業志望企業がマッチしているということを伝える場だって捉えてください。

ここを多くの人が勘違いしてどうしても自分凄いぜアピールに徹しちゃうんですよね。

これじゃダメで極端な話、面接官に「こいつすげーなー」なんて思ってもらう必要は全然なくて、それよりも「こいつこの会社にメチャクチャあってんな」とか、「こいつなら一緒に働いてもいいかな」って思わせたらそれが勝ちなんですよ。

なので、自分自身が凄いんだぜということを証明するんじゃなくて、志望企業もしくは面接官とあっているマッチしているということを証明するゲームなんだってそれを覚えておいてください。




面接では相手に合わせることが大事

わかったわかったと。

自分の凄さをアピールするんじゃなくて、会社とまぁもしくは面接官とマッチしてるって分かるようにアピールすればいいのねと。

そのマインドはわかったけれども具体的にどうすればいいのかって皆さん思われていると思うので
具体的な行動の話をしていきます。

どうすればいいかというと、ざっくり言えば相手に、面接官に合わせましょうということです。

 

まずファーストステップとしては相手をよく見ることです。

面接官は人事担当者なのか役員なのか、それとも一次面接だけ駆り出されている若手社員なのか、面接に慣れているような人なのか慣れてないような素人なのか、もしくは体育会系みたいな人なのかいかにも理系みたいな論理的な人なのか、まずはそれをよく観察して、その面接官の特徴に合わせて自分の話す内容を、話し方をカスタマイズしていくわけです。

 

例えば、相手がいかにも理系っぽい人で客観的データとか数字的な話が好きそうだったら、そこに絞って話をしていくべきですし、逆に相手が体育科系まで丸出しで理論的ってよりも雰囲気を重視するような人なら、笑顔で自分の人柄がわかるような話を中心にするべきです。

 

これ、私の実体験でちょっと極端な例なんですけども、例えば今私がいる職場の最終面接って役員クラスの人が4名ぐらい出てきたんですよ。

その中でこの人キーマンだなという人が一人いたんですけども、その人がめちゃくちゃ極端な人情派タイプだったんですよ。

後半まではあんまり質問することもなくて、ニコニコに聴いててくれたんですけども、最後の最後にこんな質問されて君のロジカルな志望理由は分かったと。ここから本音の話をしようと。

本音の部分で、「なんでうちに来たいのか改めて教えて」って言われたんですよ。

私は自分で言うのもなんですけど、前いた会社は結構大手だったんで、その転職としては規模的に小さめの会社に移るっていう感じだったんで、そのキーマンの役員の方も、うちの会社がワークライフバランスが良いと言えど、「なんでこいつはうちに来るんだ」って不審に思ってたんでしょうねえ。

それで、「本音を教えてくれ」って言われて、私も最初は本音で「御社に貢献したい」と思っていますとか、本音で「自分の力を生かせると思ってるんです」みたいな感じで話したんですけども、全然ダメで本当の本音を教えてくれってずっと言ってくるですよ。

全然ラチが明かないですし、だんだんそのキーマンの役員の顔も曇ってきてるなと思って、それでもこれはしょうがねえと思って、かなりぶっちゃけたプライベートな理由を話したんですね。

その内容というのがまぁ私、野球好きなんですけども、「この会社はワークライフバランスが整っているってうかがってるんで、週末は完全に仕事の事を忘れて思いっきり草野球したいです」って話したんですよ。

まさか最終面接で草野球の話をすると思わなかったですけど。

そうしたら内定もらえたんですよ。

草野球の話をしたらその人の表情も穏やかになって、というかもはや人事の人がまだOK出していないのに、「よしもうこいつ内定だ」みたいな言い出だしましたから。

草野球の話で内定ですよ。

まぁこれは極端すぎる例なんですけども、相手に合わせた情報を相手に合わせた話し方で展開できるかって本当に面接の明暗を分けます。

 

面接って、そんなにたっぷり時間がもらえるわけじゃなくて、長くても30分くらいだったりして自分が用意してきたことって全部話せないですよね。

というか、もっとポジティブに言えば、全部話す必要はないんですよ。

 

だから、大事なことは、その面接官その相手に一番合った話を集中的に話すということで、ここも誤解してる人多いんですけども、とにかく情報量をしゃべりまくった人が勝てるわけじゃないんですよ。

情報量が多い場合、多ければ多いほど印象が薄まるリスクすらあります。

相手に合わせて一番これがハマりそうだなって事を話して、あとは無理に詰め込まないようにてください。

相手がどんな人か役員なのか人事担当者なのか駆り出された若手なのか、まぁそれぞれどんな話が好きかっていうタイプ別に、また別の記事でお話しますけども、とにかく相手を見て、相手の知識・雰囲気・テンションに合わせて話すってことが大事です。




面接の準備は徹底的に!

ただですね。

この話をすると、その場で相手に合わせるのねと。

OKOK!じゃあぶっつけ本番で行こうとか勘違いした人がいるんですけども、残念ながら真逆なんです。

厳しいですけども、めちゃくちゃ準備しましょうということなんです。

なんでかっていうと、相手に合わせるって自分の軸とか型ができないとできないんですよ。

自分の中で自己PRはこれを絶対に伝えるとか志望理由はこれを絶対に伝えるぞとか、事前に決めておくのはこれもちろん常識なんですけども、さらにがっちり台本も作って家で声出して練習して台本を頭にしっかり入れてから面接に臨むと。

常に個人的に私の場合は、さらにガチでやるんで大体の台本どころか、「あのー」とか「そうですね」とかその間の取り方も台本に入れて、ガチガチに固めてないように見せるようにガチガチに練習します。

まぁここまでやるかは人次第なんですけども。

 

ここからが大事な話で、これをやればライバルを圧倒できるっていうポイントなんですけども、そのぐらいガチガチに準備しておきながらその場の相手に合わせてその場でカスタマイズするっていう、これができればライバルを圧倒できます。

数字を出して、食いつきがあるなと思ったらそこをもっと膨らますとか、数字を出せるエピソードを話すために、じゃあこっちを用意しといて話をしようかなぁとか、それができると採用側にもコミュニケーション能力をめちゃくちゃ評価してもらえます。

そりゃそうです。

だって、みんな大体緊張しちゃってというか練習不足で自分のことでいっぱいいっぱいになっちゃって
面接官に合わせるなんて全然できないんですよ。

自分のことを話すのでいっぱいいっぱい。

そんな中で相手に合わせて話を狙ってぶつけられたらそりゃ結果は大きく変わってきます。

ほんとしっかり準備をして、それでいてその場で相手にカスタマイズして話せた時は、めちゃくちゃ評価されます。

私、ちゃんとこれが実践できた時とか、「君すごいね。どんな育て方されたの」とか「親仕事何してるの」とか、よくわかんないこと聞かれたりしますからね。

そんぐらい異様に高い評価を受けます。

でも実はそれって私のコミュ力がめちゃくちゃ高いからじゃなくて、ただ家でめっちゃ練習してるからってだけなんですよ。

練習の跡が見えないぐらいただのコミュ力モンスターに見えるぐらい練習してるわけです。

私、、、根は全然人見知りですからね?(笑)




 

まとめ

はい、ということで、今回は面接下手な人がしている勘違いについて解説しました。

まとめると、

面接下手な人は面接を自分の凄さをアピールする場所だと勘違いしていて、面接上手な人というのは面接を会社と自分がマッチしていることをアピールする場所だってわかってるって話です。

それでマッチしていることをアピールするためにはどうすればいいかというと、相手をよく見ること。

面接官をよく見て、相手の役職・要望・テンションに合わせた情報と話し方でアピールすることが効果的です。

それでその効果的なアピールをするためにはぶっつけ本番なんて絶対やっちゃダメで、大変ではあるんですけども、台本をガッチリ準備してガッチリ頭に入れるっていう努力が必要っていう結構大変で厳しいお話でした。

 

つまり、今回お伝えしたかったのは、面接って相手に合わせることがめっちゃ大事で、転職本に書いてあるようなこれを言っとけば受かるなんてことはないんですよ。

あるわけないです。

だって、私、話しましたけど草野球の話で内定もらっているわけですから。

結局、その時にいる面接官によるんですよ。

なので、面接の正解は相手をよく見て合わせる姿勢を忘れないことです。

是非覚えておいてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)