転職することによって得られる意外なメリット4つ

tensyoku-merit

どうも、ノブです。

今回は明るくポジティブな話、転職のメリットについて解説していきます。

転職することのメリットで紹介したいのは、全部で4つです。

それでは、まいりましょう。

 

働く場所を選び直せる

まず1つ目ですけども、働く場所を改めて選び直せるというポイントです。

新卒の就活のときも、もちろん業界分析とか企業研究ってすると思うんですけども、なんだかんだ実際に働いてみてわかることとか、3年5年10年と社会人経験を積んだからこそ分かる事ってあるじゃないですか。

やっぱりそういうタイミングで改めて働く場所を選び直せるっていうのは大きいと思います。

実際に、転職した私から言わせてもらうとですね、新卒で入った会社に定年まで約40年間ずっといるなんてなかなかだなと思います。

 

これって例えばラーメンってすごいいっぱい色んな種類あるじゃないですか。

沢山のラーメンがある中で、他のラーメン食べたこともないのに醤油ラーメンが一番好きで、醤油ラーメンしか食べないって言い張ってるようなもんなんですよ。

他に塩ラーメンとか味噌ラーメンとか豚骨とかつけ麺とかもあるのに他のラーメンを食べた事ないし、ちょっと臭いは書いたことあるかなぁぐらいで、でも俺は醤油ラーメンが一番好きで醤油ラーメンしか食べないんだと。

これおかしいですよね。

ラーメンだとこのおかしさって結構わかると思うんですけども、就職のことになるとみんなそのおかしな考えにどうしてもなっちゃうんですよね。

 

そんな中で、転職にチャレンジすればですね、ある程度社会人としての経験を積んだ今時点の知識で、改めて働きたい場所を選べるわけです。

皆さんもどうでしょうか?

新卒のときと考え方って結構変わってませんかね?

例えば、私がすごいゴリ推ししているホワイト企業を目指す転職であれば、別の記事でもおすすめしている通り、インフラ業界、ガスとか鉄道とか郵便とか、あとシェアの高いBtoB企業とか、あと穴場の私立の大学の職員とか、そういうホワイト業界も選べますし、別にホワイト業界じゃなくてもあなたがこれを極めたいなって思っている仕事があるのであれば、その興味関心に合わせて改めて選び直すことができます。




待遇改善が期待できる

そして2つ目のメリットですが、待遇を改善できるかもしれないというポイントです。

転職によるデメリットを説明した記事では、待遇とか給料が悪くなっちゃうパターンもあるっていう話をしたんですけれども、それと同じことでもちろん待遇改善できるケースもあるんですね。

こっちのが多いと思います。

 

私がおすすめしているホワイト企業への転職だとよくある改善ケースとしては、家賃補助が良くなったっていうパターンは結構あるかなと思います。

手取りの給料ってどこもあんま変わらないんですよ。

ブラック企業で働いている人も実は給料とそんな悪くなかったりするんですよ。

まぁ残業も多いですしホワイト企業と比べてもそんな大差なかったり。

 

ただ家賃補助とか福利厚生っていうのはホワイトとブラックで結構違いますね。

家賃補助とかって独り身な時はあんまり大きな影響ないんですけども、30代以降で結婚して家族を持つってなるとなかなかインパクト大きいですよ。

ちなみに私の知ってる限り家賃補助がすごい充実してる会社って、家賃の8割ぐらいだしてくれますからね。

18万のところ住んだら14万ですよ。

でかくないすかこれ。

 

あとそういうホワイトな家賃補助が充実してる会社って会社が借り上げてくれるんですよね。

これ会社が借り上げてくれるって言うのは、要は会社が直接家賃を大家さんに支払ってくれるということです。

そうするとどうなるかというと、この家賃分の補助というのは年収の額面に反映されないんですよ。

会社から大家さんに直接お金がいってるわけなんで年収の手取り額っていうのは変わらないわけです。

なのでホ、ワイト企業に転職すると年収の額面とか募集の要項に書いてある額面ではあんまり給料を改善された感じないんですけども、福利厚生のおかげで生活水準として大きく改善できるっていうケースはあったりします。




スキル向上が期待できる

そして、3つ目のメリットですが、スキルが高まるっていうポイントです。

これも間違いないですね。

まぁ転職のデメリットに説明した記事で話したことの裏側みたいなもんなんですけども、転職すると、また新人として一から始めないといけません。

それはもちろん大変ちゃ大変なんですけども、その分また新たな能力が身に付くとも言えます。

人間って同じことばっかやってるとどうしても成長って鈍くなっちゃいますからね。

例えば、営業の仕事を10年くらいやってある程度プロとしての仕事ができるようになったっていう後に、その先さらに10年営業の仕事やっても大して成長なんてできなくて、それだったら大きく方向性変えてマーケティングとか広報とか経営企画の仕事とかやったら、その道でもある程度のレベルになれる。

20年ずっと営業を続けるよりも、いい区切りを見つけて新たなことにチャレンジした方が営業もできるしさらにプラスアルファこれもできる広報ができるマーケティングが出来るみたいな違う能力も養えるので、間違いなく希少な人材に成長できます。

 

人間関係をリセットできる

最後に4つ目のメリットですが、これはブラックに苦しむ人に特に嬉しいポイントなんじゃないかなと思うんですけども、人間関係をリセットできるっていうポイントです。

もうめちゃくちゃ転職したいっていう人ってだいたいが人間関係に嫌気がさしちゃってるって言うケース多いと思うんですよ。

このハゲている上司気に食わないけど人事のお偉いさんと繋がってるからなあとか、こいつパワハラしまくってるのになんでこの出世しちゃってるんだろうみたいなオッサンとか、ブラック企業にろくでもないブラック人材とか、嫌な人間関係ってもうつきものじゃないですか。

そういう人間関係を一気に解消できます。

 

これは個人的な考えで賛否両論あると思うんですけども、もうね、社会人になって、気に食わない奴なんて仲良くしようと思ってもねぇ、頑張ってもどうせ気に食わないんですよ。

小学生中学生ぐらいならねまだこいつ話してみたら意外にいい奴だったみたいなことあったりするんですけども、もう大人になったら感覚がある程度磨かれてるんでもうないです。

こいつ生理的に無理だなと思ったらもう無理なんですよ。

それはお互いにそう思ってると思います。

なので身の回りに生理的に無理な奴ばっかりだとしたら、無理に仲良くしたり媚びたりなんかするより、転職してリセットしたほうが早いなぁというのが個人的な考えです。




まとめ

はい、ということで今回は転職のメリット4つを解説していきました。

 

  1. 働きたい職場を改めて選び直せる
  2. 給料とか福利厚生・家賃補助とか待遇を改善できるかもしれない
  3. ずーっと同じ仕事してるよりもスキルが高まります
  4. ブラック企業につきもののブラックな人間関係を一気リセットできる

 

個人的にはやっぱり今時点でベストだと思える職場を選び直せるというのが一番大きいメリットかなと思います。

どう考えても醤油ラーメンだけ食べててどのラーメンが美味しいかなんてわかんないですよ。

1回騙されたと思って別のものを食べてみないと何が自分に一番合ってるかなんてわかんないですよ。

社会人人生って40年もありますからめっちゃ長いです。

あと社会人って生活の大半がね、まぁ週5ですから生活の大半が仕事なわけじゃないですか。

良きタイミングで今のベストはこれじゃないかなって考え直す・選びなおすということはすごく人生において大事なことだと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)