Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

転職活動組は必見!企業の求人・採用が多い時期ランキングベスト3

tensyoku-saiyoou

今回は、転職市場の時期ごとの動きについて解説していきます。

要は、何月に転職市場って盛り上がるのか、何月に転職活動すると一番効率的なのかという話です。

一年間でどのタイミングが転職市場って盛り上がるのかをランキング形式にしてお送りしていきます。

 

転職が盛り上がる時期ランキングベスト3

まず、第1位は1月~3月です。

ここが、1年間の中で、転職市場の最も盛り上がるタイミングです。

 

なんで、この時期に盛り上がるか?というと、理由は簡単で4月入社させるために絶好のタイミングだからです。

採用する会社の人事部にとって4月に入社させるってのすごい都合がいいんですよ。

 

なぜかというと、だいたいの会社は中途正社員だけじゃなくて新卒社員も同時に取ります。

それで、新卒の社員の入社時期ってもう4月で確定しちゃいますよね。

大学卒業してからすぐみたいなタイミングなんで。

その新卒入社の社員と転職組の入社時期を合わせると、新人のための研修したりとか配属先の手配したりとかそういう手間が一度で済むんですよ。

これは、人事部にとってかなり手間が省けます。

つまり、人事部にとって転職組を4月に入社させるとかなり自分がラクできるんで、当然のように1月~3月は転職市場が盛り上がるわけです。

特に、2月から3月は盛り上がりますね。

というのも、採用ってもちろん結構お金がかかるんで、各会社の人事部って採用予算というお金を持ってます。

その予算が2月~3月になっても、まだ余っちゃってるみたいな会社って結構あるんですよ。

なんでかっていうと、秋から年末ぐらいのタイミングだと、まだ人事部も何か突発的に起きるんじゃないかってお金を出し渋って、もしもの時の為に一応手元に持っているんですよ。

ただ、2月3月になると話は変わってきて、もう年度も変わって予算もリセットされちゃうんで、大事に手元に持っといてもあんまり意味ないんですよ。

なので、2月3月になると急に舵を切って、いろんな求人媒体に情報載っけたりして積極的に動き出したりするわけです。

なので、結論、1月~3月、特に2月以降は、1年の中で一番転職市場が盛り上がるピークと言えます。

 

次に2番目に転職市場が盛り上がる時期ですけども、それは5月~7月です。

もっと具体的に言うと、ゴールデンウィークが明ける頃ぐらいから求人が出始めます。

この時期が盛り上がる理由は、新年度の予算が確定して、人事部が採用活動を本格的に開始できるようになるタイミングだからです。

4月っていうのは、新しい年度が始まってるんですけども、実は予算が確定していないみたいな企業が多かったりしますし、人事部としては新卒の社員が4月に入ってくるので、その社員の研修とか配属先の手配とか色々やることがあるんで、相当、会社的に何か困ってない限り、4月に採用活動はなかなか動かないんですよ。

それが、4月いっぱいでだいたい落ち着くんで、ゴールデンウィーク明けたくらいから一気に動き出すわけですけども、この時期の採用には特徴があって、それは予定が流動的という点です。

先ほど解説した一番のピーク、1月~3月の場合、明確に4月入社を目指してスケジュールが進んでいくんですけども、この5月~7月の採用はけっこう随時、入社させるみたいなケースが多かったりします。

なので、1月~3月は結構、大量に告知をして、大人数を集めて、その中から優秀な人材を精査するっていう感じなんですけども、この5月~7月の採用は欲しいタイミングで、欲しいポジションにピンポイントで流動的にはめ込んでいくみたいな形で進んでいくんです。

なので、この時期の転職は、自分に合ったポジションが募集されているのかという点と
、とにかく早く応募して面接の日程も調整してどんどん進めるというスピード感が重要になってきます。

 

そして第3位は、10月~11月です。

正直、1位の1月~3月とか2位の5月~7月に比べると、あんまり求人は多くないんですけども、唯一狙い目があるんですね。

その狙い目っていうのが、12月決算の企業です。

なぜ、12月決算の企業が狙い目かというと、1位の1月~3月と同じ仕組みなんですけども、12月決算の企業の場合は、10月~11月に余っている採用予算を消化し出すんですよ。

なので、10月~11月に急に積極的に採用を始めます。

とは言うものの、やっぱり3月決算の企業に比べて、12月決算の企業って数が少ないんで、そこまで爆発に求人が増えるわけではないんですけども、外資系の企業は結構12月決算の会社が多いんで、そこらへんの外資系企業を狙っている方はいいかもしれません。

なので、自分が狙ってる会社が12月決算だってわかっている場合には、10月11月に標準を合わせて転職活動してみるも効率的な方法の1つだと思います。




まとめ

今回は転職市場の時期ごとの動きについて解説しました。

まとめると、転職市場が盛り上がる時期は一位が1月~3月、二位5月~7月、三位が10月~11月、こういう順番です。

 

ただ、今回解説したのはあくまで転職市場が盛り上がるタイミングであって、いつ転職活動すればいいのかというのは実はまた別の話だったりします。

じゃあいつ転職活動すればいいのかというと、それは自分のスケジュール次第っていうのが結論です。

 

いやもちろん、転職市場の盛り上がりは頭に常に入れておくべきなんですけども、それより何より優先した方がいいのが、ご自身の仕事とプライベート、あと精神面とか肉体面とか諸々の状況を踏まえて、「今、このタイミングなら転職に時間もパワーも結構さけるな」って自分で思えるタイミング、これを最優先にした方がいいです。

そのタイミングが仮に転職市場が盛り上がってない時期だったとしても、まぁ閑散期の方が逆に競争率が低いというパターンもあったりしますね。

ということで結論は、転職市場の盛り上がる時期はちゃんと頭に入れつつ、ただ自分がここだって思えるタイミングをそれを最優先するっていうことを忘れないでください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)