Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

転職活動で採用される確率を上げる履歴書・職務経歴書の書き方のテクニック

履歴書と職務経歴書の書き方

どうも、ノブです。

今回は、書類作成の基礎中の基礎ということで、履歴書と職務経歴書の書き方について解説していきます。

 

履歴書と職務経歴書を提出する必要性

履歴書と職務経歴書、この2つは転職しようと思ったら必ずと言っていいほど、企業側から提出を求められるので絶対疎かにできないものです。

この2つって名前は似てるんですけど、フォーマットが全然違います。

あと、採用側から求められるものも違うくて、ざっくり言えば履歴書は基本的なプロフィールがわかればOKなんですけども、職務経歴書は今までやってきた仕事それだけじゃなくてその仕事に対してどんな工夫をしてきたかまで書かないとダメなんです。

ここからは、具体的に履歴書・職務経歴書それぞれ、書く上でのポイントを解説していきます。




履歴書の書き方

まず履歴書の方なんですけども、採用側が見たいポイントって学歴、どんな大学とか行ってたかとか、職歴どんな仕事やってたか。あと資格ですね。

そういう基本情報だけで書くスペースもあんまりないんで、特に工夫のしようってしなかったりするんですよね。

 

ただ、だからこそ、採用側も「最低限ここだけ守ってくれよ」っていうポイントがあるんですよ。

まず、これは超基本的なことですけども、誤字脱字があったり走り書きで書いちゃったりするのは論外です。

誤字脱字はさすがに、なかなかいないんですけども、走り書きで書いちゃう人とか結構いるんですよね。

なんか社会人になると、丁寧に書くことがあんまりないんで、走り書きになっちゃいがちなんですけども、あと、自分だけの書類を見てるとあんまりわかんないかもしれないけれども、採用側は他の応募者と連続して何枚も見るんで、大体の応募者は丁寧に書きますから、走り書きの人だとすぐわかっちゃいますし間違いなく印象悪いです。

 

あとは、完全にフォーマット化しちゃうという人も駄目ですね。

使いまわしてるような人。

自分の個人情報の部分は、まぁそんな変わるもんでもないんで、ある程度フォーマット化しても大丈夫なんですけども、履歴書にも少し志望理由とか書く部分はあるんですよね。

そこだけは、「御社のためだけに書いてるんだぞ」ということが、これ見よがしに伝わる文章にした方がいいです。

 

あと、これはぜひやってほしいっていうひとつテクニックなんですけども、自分に合った、自分に適したフォーマットを使ってください。

履歴書って提出を求められるんですけども、特にフォーマットの指定がなくて、市販のものを使ってくださいみたいな会社が多いんですよ。

 

それで、履歴書のフォーマットってだいたいその書いてある項目っていうのは同じようなものばっかなんですけども、各項目のボリュームって結構違うんですよ。

例えば、自己PRの欄が小さいのに、志望理由の欄がやたら大きいとか逆もあったりします。

 

私の場合は、志望理由より自己PRを書くのが得意だったので、それにそっちの方が自分を効果的にアピールできるかなーとか思ってたりしたんで、履歴書は自己PRの部分が大きいものを使っていました。

まぁまとめると履歴書は、自分に合ったフォーマットを使ってちゃんと心を込めて丁寧に書くというのが大事です。




職務経歴書の書き方

続いて、履歴書より難易度の高い職務経歴書の書き方ですけども、まず職務経歴書において採用側が見たいポイントは、あなたがどんな職場でどんな活躍をしてきたかっていうところです。

それを分かりやすく伝えてあげるために意識すべきことは3つです。

 

見出しをつける

まず一つ目は、見出しを付けるってことです。

これは書類作成の基礎中の基礎テクニックなんですけども、みなさんはご存知かもしれませんが、人間ってやっぱり長く続く文章だと読む気どんど失せるんですよ。

なので、なるべく短く箇条書きにすること。

これは、最低限のマナーとしてやっていただきたいです。

それで、さらにできる人は、まとまったブロックごとに見出しをつけます。

その見出しを見れば、そのブロックに書かれていることがだいたいわかるようなそんな見出しです。

採用側ももちろん忙しいんで、何百枚も同じような書類みるの嫌なんですよ。

隅から隅までなんて読みたくないですし、基本読まないと思ったほうがいいです。

そこで分かりやすい見出しをつけておくと、採用側も忙しい時にはとりあえず見出しだけ見ればいいわけですから、かなり作業として楽になるんですよね。

そうやって、読む側への配慮を考えることができるという人は当然、書類審査通過する確率も上がります。

 

割愛する

そして2つ目が、割愛するっていうことです。

要は、経歴をただ羅列しないということで、職務経歴書って網羅的にあなたがしてきた仕事をすべて書く必要ってなくて、あなたがしてきた代表的な仕事、これだけは強調したい!という仕事に分量を抑えて、「これは言うまでもないな」みたいなことはどんどん割愛してOKです。

 

なぜかというと、書類審査が通った後の面接でも、その職務経歴書を元に進められるので、面接官側としても職務経歴書に書いてある事って深掘りしてほしいのかなって気を利かせて、すごい聞いてきます。

なのに、気を利かせて聞いてみたら、特にそこから発展する情報がなかったりすると、こちらとしては誠実に自分の職務経歴を全部書いたっていうつもりなんですけども、面接官からすれば「特にエピソードもないようなこと書くなよ」って思うわけです。




応募職種に合わせて書く

そして、3つ目が、応募職種に合わせて書くということです。

具体的に言えば、転職した先で、やる仕事が営業なのか経理なのか商品企画なのかとかで、打ち出すべきポイントって全然変わってきますよね。

これあなたの強みがこれだというものを決まったとしても、その打ち出し方が変わってくるってことなんです。

例えば、あなたの強みがコミュニケーション能力だとするじゃないですか。

それで、営業の職種に就くのであれば、コミュニケーション能力の中でも、どちらかという言えば相手のニーズを引き出したり、相手のニーズに合わせるようなコミュニケーション能力をアピールするべきですし、

もしあなたが応募する職種が商品企画とかマーケティング職みたいな職種であれば、商品とかサービスに関わる多くのプレイヤー、流通もいれば研究所とかもいますし、そういう多くのプレイヤーを自分のコミュニケーションで動かさないといけないと、そういう場面が多いと思うので、コミュニケーション能力の中でもどちらかというとリーダーシップのような相手を導くようなコミュニケーション能力をアピールしたほうがいいです。

 

つまり、あなたの強みは一つかもしれないんですけども、その強みを採用側にとって、未来の活躍をイメージしやすいように、ちょっとカスタマイズしてあげるということが大事です。

 

まとめ

ということで今回は、履歴書と職務経歴書の書き方について解説しました。

まとめると、履歴書を書く上でのポイントは、自分に合ったフォーマットを使って、心を込めて丁寧に書くという基本的なことです。

一方で、職務経歴書は、ちょっとだけ難易度が上がって、3つ気をつけないといけないことがありました。

  1. 箇条書きにして見出しもつけるということ
  2. 不要な部分は無理して書かずに割愛するということ
  3. 応募している職種に合わせて自分の強みをカスタマイズする

この履歴書と職務経歴書は、どんな企業どんな職種を受けても出さないといけない書類ですので、ぜひ今日伝えしたポイントは覚えておいて下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)