Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

転職活動時の最終面接で落ちないためにするべき3つの対策

tensyoku-mensetsu

どうも、ノブです。

今回は、最終面接で落ちる人が知らず知らずのうちにやっているミスについて解説していきます。

このミスを知っておけば、なぜかいつも最終面接で落ちるっていういわゆる惜しい人にならずに済みます。ではいきましょう。

 

最終面接で落ちる人の3つの特徴

まず前提としてなんですけども、みなさんの中に新卒での就活の経験を踏まえて、「最終面接なんてただの顔合わせで落ちないでしょ」って思っている方がいればお伝えしたいんですけども、残念ながら最終面接は結構落ちます。

しょぼい企業はそんなことないんですけども、ホワイト企業とか年収が高かったりとか倍率の高い企業の転職というのは最終面接は実際、厳しいです。

なんでかというと理由は簡単で、企業側が別に焦ってないからです。

条件が良い仕事にはもちろん多くの応募がありますから、焦って「この人微妙だけどとりあえず取っとこうかなぁ」なんてことしないんですよ。

面接では、「この人微妙だな」と思ったらバッサリ切っちゃって、「また次の募集で取ればいいか」って見送っちゃうわけです。

ということでここからは、そんな事態にならないために最終面接で落ちる人の特徴を3つ解説するので、その点を気をつけて最終面接に臨んでいただきたいと思います。




過去や実績の話ばかりしない!

まず1つ目。

過去や実績の話ばっかりしてしまう人っていうのは落ちやすいです。

なんでかっていうと、最終面接に出てくる面接官というのは大体が経営陣とか経営に携わってる人たちです。

そういう人達ってどんな特徴があるかというと、会社をかなり長期的な視点で見ているので、今までのあなたの実績とか能力云々の話よりも、そんなことよりも、この会社に入ってこの人将来何していくいるのかなというところが気になるんです。

もちろん面接で今までのキャリアとか実績を話すな、っていうことではなくて、キャリアとか実績って一次面接とか二次面接ではすごく有効なんです。

一次面接二次面接で出てくるような面接官の人っていうのは現場の人が多くて、そういう人たちはどちらかというと長期的なビジョンを持っているとかなんかよりも、とにかく即戦力が欲しいと思ってますから。

たださっきも言いましたけども、最終面接でてくるような面接官は視点がやっぱり違くて、あくまで長期的視点を大事にしてます。

彼らは、会社であなたが将来的に何をしたいって思ってるのかその点がどうしても気になるのです。

なので、最終面接役員とか経営陣が出てきたら過去の実績云々よりも将来的にこの会社で何を実現したいと思っているのかどんな貢献ができるのかという部分を説明してあげると良いと思います。

 

他の面接と矛盾したことを言わない!

そして2つ目。

他の面接と矛盾があるっていう人も落ちます。

簡単に言えば、一次面接二次面接と言ってること全然違うじゃんって人です。

これ、一つ目の過去とか実績を話しすぎちゃうというミスとは逆で、そういうミスしちゃう人って最終面接に出てくるのが経営陣とか役員だということをよくよく分かっているからこそ、そのことを意識しすぎるあまりやっちゃうミスなんですよね。

やっぱり、役員クラスのおじさんて貫禄があったり、いかつかったり見た目いかにもすごそうみたいなおじさんが多いんで、慌てて一次面接二次面接より盛っちゃう人いるんですよ。

そうやって盛っちゃうと、前の面接の矛盾が生まれてきちゃうんですよね。

これ、皆さんもご存知だと思うんですけども、採用側はもちろん一次面接二次面接の我々の回答内容を共有してますから、盛った盛らないみたいなのは簡単に見透かされちゃいます。

なんなら、採用側は回答内容を共有した上で一次面接二次面接で言ったことが本当なのかこの人本当にブレないのかというところを確認するために、あえて違った切り口で質問したりして、あなたの軸を揺さぶってくるようなことをしてきます。

それは覚悟したほうがいいですね。

面接って実際、お互い負かし合いみたいところあるんで、我々も必死ですけども、採用側も必死であなたの本性を探ってくるんです。

じゃあ、我々に何ができるかというと、薄くできる対策としてはやっぱり一次面接二次面接終わったらなるべく早いタイミングで、自分がどうやって解答したかその回答内容をメモしておくことです。

私もやってましたけども、面接後すぐ近くのカフェに入って覚えているうちに質問されたこと自分の解答、あと反省点とかですねこう答えた方が良かったかなーみたいなポイントそこらへんをメモしてました。

そうやってしっかりメモしておいて、次の面接の前に復習してから望むというそういう対策が重要です。




気を大きくするな!

最後に3つ目。

これも結構いるんですけども、1次面接を通過して気が大きくなっちゃうというタイプです。

これも落とされますね。

例えば、一次面接二次面接でめちゃくちゃ感触が良くて、さらに志望企業がそんなに規模が大きくない会社だと勝手に自分の中で内定確信しちゃって、給料はいくらぐらいを目安で考えてるとか、今の会社ではこんな待遇を受けているとか条件的なことを提示しちゃう人いるんですよ。

まぁそんなにあからさまにする人はいないんですけども、調子のってなんとなくほのめかしちゃう人っていうのは結構います。

まぁこれはやめておいたほうがいいですね。

というか、内定決まってからやればいいと思います。

内定決まってから人事の人とサシでやりましょう。

最終面接の役員とか、それこそ複数人の面接官がいる前で給料とか労働条件の話なんかしてもプラスに転じることなんてまずないですからやめましょう。

あと、これも最終面接で気が大きくなっている人あるあるなんですけども、経営陣最終面接でいる面接官を前にこれからこの会社の経営はこうした方がいいみたいなアドバイスをしだす人。

これもいるんですよね。

まぁこれは面接の手法としてありっちゃありますよ。

幹部候補生としての期待感を高めるっていう意味ではアリっちゃあアリなんです。

ただありなんですけども、覚えておいて欲しいのは、こういう会社へのアドバイス経営の提言みたいなのはかなり難易度高いです。

というのも、実際に経営している人たちを前に経営に関する提言をするわけですから、それはそれ相応の、というか、かなりずば抜けた知識とか経験がなければ納得感なんてなかなか引き出せないですよ。

だって、最終面接の面接官って実際に日々経営している人たちですからね。

もし仮にですよ。

仮にあなたに知識と経験があって、かなり的を得た意見を言えたところで、ちょっと面接官の立場になればわかるんですけども、実際、面接官からすると本音ベースでは「こいつちょっとうぜえな」と思っちゃうんですよね。

そこらへんのウザさを感じさせないようにするためには、結構うまい言い回し絶妙な言い回しが必要になってきますので、仮にあなたに知識と経験が十分にあったとしてもやっぱり結構難易度の高い攻め方なんですよ。

なので、この会社はこうした方がいいとかそういう経営に対する口出しっていうのは個人的にはオススメしないです。

というか止めた方がいいと思います。

じゃあどうすればいいのっていう話なんですけども、私が個人的にオススメするのは、「この会社こうした方がいい」みたいな提言ではなくて、「私が入社したらこんな風にやってみたい」っていう自分自身のビジョンを話すことですね。

経営に対する口出しをするんじゃなく、あくまで自分のビジョンを話す。

この方が面接官に圧倒的にポジティブな印象を与えられます。




まとめ

ということで、今回は最終面接で落ちる人が、知らず知らずのうちにやってしまうミスについて解説しました。

まとめると、最終面接で落ちてしまうのは、

  1. 過去や実績の話ばかりしてしまう人
  2. 一次面接二次面接と最終面接で矛盾がある人
  3. 内定確実と思って気が大きくなっちゃう人

以上の特徴をもった人たちです。

 

とにかく、一番大事なのは、一次面接二次面接っていう今まで受けてきた面接と最終面接で軸をぶらさないことです。

だって、一次面接と二次面接で話した内容・軸が評価されて、最終面接まで通過できているわけですから。その軸はなるべくできるだけぶらさないようにしましょう。

それでその軸をぶらさないためにも、軸をぶらさないようにしよう、軸をぶらさないようにしようってただ思ってるだけでは難しいので、やっぱり一次面接が二次面接面接が終わったらなるべく早くその日の面接のメモを書いておいて、次回面接に復習してから望むということは私自身もやってましたし、非常に大事なことだと思いますので、ぜひ皆さんにも実践していただきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)