ブラック企業からホワイト企業への転職に成功する人、失敗する人の違い

tensyoku-seikou-sippai

どうも、ノブです。

今回は、転職で成功する人と失敗する人の根本的な違いを解説していきます。

 

転職で失敗する人は、「こだわり」が無駄すぎる!

早速、結論ですけども、転職で失敗する人っていうのは、簡単に言うと、ダサいこだわりを持っている人です。

ダサいこだわりを持っている人というのは、転職活動においてですね。

自分が重視したいポイントにこだわるのは、もちろん大事なことなんですけども、転職で失敗しちゃう人というのはそのこだわるポイントがとにかくダサい。

転職を成功させたいなら絶対こだわっちゃいけないダサいポイントを2つお伝えしていきます。




過去にこだわるな

まず一つ目なんですけども、過去にこだわっちゃダメです。

これ、微妙なニュアンスなんで、勘違いしてる人多いんですけど、ももちろんESとか面接とかで過去の成功体験とか実績っていうのはアピールするべきです。

ただ、だからといってここが注意なんですけども、転職後も過去の成功体験と同じように成功できるなんて思っちゃいけないんですよ。

そういうアピールは、逆にマイナスになっちゃいます。

この過去の実績はもちろんアピールするんだけども、その成功体験にしがみつかない、とらわれない、というこのニュアンス、、、捉えるの難しいんですけども・・・。。

 

だって、転職後に成功できるか、なんていうのは、採用側が判断することなんですよ。我々にわかることではない。

なんなら、転職後に実際に働いて証明することなんです。自分が優秀な人材だということは。

 

なので、「今まで成功してきたから、これからも絶対成功できます!」みたいなアピールというのは、採用側からすると過去の成功体験にしがみついているように見えてマイナスです。

30代前半までの転職は、どっちかというと、「これからも学んでいきますよ!」という姿勢を見せるべきです。

 

あと、過去にこだわっちゃってる人で、これもよくいるタイプなんですけども。「今まで営業をやってきたので広報の仕事はできません!」とか、「デスクワークがメインだったので現場とか店舗での仕事ができません!」みたいな人、これはキツイですね。

採用されないですね。

 

だって採用側としても、最終的には、デスクワークとか企画系の仕事について欲しいって期待してるんだけども、最初は現場も知ってほしいみたいな事って全然あるんです
よね。

なので、最初だけ現場で仕事して欲しい。みたいなこと、それを鼻からはねのけちゃうっていうのは勿体無いです。

 

この転職講座は、私と同世代で、20代から30代前半の人を想定して発信しているんですけども、その世代の人って自分で言うのもなんですけども、まだこれからなんでも吸収できると思いますよ。

たとえ、今まで一度もやったことないっていう分野だったとしても、その分野が大好きな仕事になる可能性だってあるし、その分野のプロフェッショナルになれるって言う可能性も全然ありますし。

なのに、まだ若いのに、「やったことないからできません!」っていう姿勢はかなり厳しいですよね。

転職に失敗すると思いますし、単純に機会損失だなぁと思います。

 

なので、5年とか10年とか、ちっぽけな過去にしがみつかない。

過去は過去としてしっかり実績をアピールするべきなんですけども、しがみつくようなことはしちゃダメ。

過去の実績をアピールしながらもこれからさらに成長するんだっていうことを考えないといけないですし、その柔軟な姿勢をアピールして、これから未来を感じさせる人っていうのは転職成功できます。




肩書きにこだわるな

そして2つめのこだわっちゃいけないポイントは肩書き

これですね。

肩書き。

 

例えば、会社名とか会社のネームバリューにこだわった転職っていうのはだいたい失敗します。

新卒の時はいいんですよ。

新卒の就活の時は新卒の就職なんて大学選びみたいなもんなんで、東大とか早稲田いくみたいな感じで、超大手企業にいくっていうのは全然アリだと思います。

転職の時、そのネームバリューを支えるのも事実ですし、あと、私も大手にいたから分かるんですけど、やっぱり研修とかめっちゃ充実してるんですよね。

それは大手特有の新人を育てる経済的余裕があるからなんですよね。

なので、新卒の就職に関しては、大手はなんだかんだオススメしてます。

 

ただ転職は、話が別なんです。

会社名なんてこだわってる場合じゃないんですよ。

もう我々も30近くなってるわけじゃないですか。

そうすると、もっと自分自身本当に成長できるかとかワークライフバランスとか実際の待遇とか他にこだわらないといけないポイントがいっぱいあるんで、会社のネームバリューなんてどうでもいいっちゃあどうでもいいんです。二の次です。

もう30代突入するとまさしく人生の本番みたいな時期ですから、会社名なんていう飾りよりもっと実を取っていかないといけない。

 

あと肩書きにこだわっちゃう人に言いたいのが会社名だけじゃなくて、個人の役職にこだわっちゃうのもダメです。

30歳ぐらいの役職なんて、だいたい主任とかチーフとかそんなもんじゃないですか。

そんな肩書きを早めにもらうなんて、長期的な社会人人生考えたらめちゃくちゃどうでもいいんですよ。

あと採用側としても、もしあなたに対して幹部候補生みたいな感じを期待してたとしても、やっぱり数回の面接だけでは正直、その人の資質って把握しきれないんで、役職を与えるとしても、「もうちょっと働いてもらってからにしよう」とか思ってたりするんですよ。

そんな風に採用側が考えてくれているのに、「今の会社で主任という肩書きがあるから、そういう肩書きが欲しい」なんて要望すると、採用画はもう困っちゃうでしょうね。

 

大丈夫です。

あの~、転職して淡々と結果を残してたらすぐ役職をもらえますし、そんな主任とかチーフとかって役職で給料も大して変わらないですしね。

そんなのこだわるだけ損です。




まとめ

はい。

ということで、今回は転職で成功する人と失敗する人の違いを解説しました。

 

転職で失敗する人っていうのは、過去とか肩書きとかどうでもいいダッさいことに
こだわる人です。

逆に、成功する人というのは、そういう無駄なことは気にしないで、まだ我々若いですから、これから成長します!って採用側に未来を感じさせるような人、こういう人が成功します。

 

また次回も読んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)