Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

転職する!と決意してから内定&退職までの適切なスケジュールと注意点3つ

tensyoku-suchedule

今回は、転職のスケジュールについて。

転職ってどのくらいの時間がかかるのかという点、そして転職のスケジュールを組んでいく上でここだけは注意した方がいいポイントを3つ解説していきます。解説していきます。

 

転職決意から退職までにかかる時間

さっそく、転職にかかる時間についての結論ですが、転職を決心して内定もらって退職するまで、だいたい3ヶ月から6ヶ月ぐらいが目安です。

個人的な感覚でいうと、3ヶ月で決めちゃうというのは、めちゃくちゃ速いケースですね。

実際、丸1年くらいかかることも全然ありえます。

転職って、あんまり何ヶ月で絶対終わるとか断定できない部分があって、なんでかっていうと、自分が効率的に、こうスピーディーにいったからすぐ終わると思うんでもなくて、どうしても転職先っていう相手の動きもすごいスケジュールに関わってくるんですよね。

例えば、「転職したい」って思えるような会社の求人がなかなか出てこないということもありますし、ここ行きたいなという会社が見つかったとしても、その会社と面接の日程の調整がうまくいかないということも全然あるわけです。

ちなみに私はけっこう時間かかっちゃった方で、というのも「ここ行きたいなー」っていう会社はすぐ見つかったんですけども、なかなかその会社の求人が出てこなくて、「本気で転職したいなー」って決心してから、結局丸1年くらいかかっちゃいましたね。

なかなか自分だけではコントロールできない部分もあるんで、転職がだいたい1年くらいかかる長期戦だって思って臨むといいと思います。




転職決意から退職までの具体的ステップ

次に、もう少し具体的に、じゃあ転職には具体的にどんなステップがあって、それぞれにどれだけ時間がかかるのかっていう点についても解説していきます。

大きく分けると転職でやらないといけないことは6つです。

  1. 求人を探すこと
  2. 応募書類を作る
  3. 実際に応募する
  4. 面接を受ける
  5. 内定をもらう
  6. 退職の手続きをする

この6つです。

 

もっと具体的に解説していくとすると、まず1個目の「求人を探す」っていうのは、求人情報をバーっと見てみて、「ここ、いいんじゃないか?」って興味のある企業があったら、その企業についてさらに詳しく調べてみて、「いや、やっぱり、あんまりここよくないな」とか「ここめっちゃいいんじゃない?」みたいな感じで、業界とか会社を絞っていきます。

これをしっかりやらないと、もう手当たり次第に応募する感じになっちゃうんで、それやってもあまり結果はうまくいかないですし、疲れるだけで済んで、この求人を探すっていうステップでしっかり自分の軸をもとに絞り込むこと、業界も会社も絞り込むということが大事です。

これが、だいたい一般的な目安でいうと、1か月ほどで終わると言われています。

 

そして、2個目3個目の応募書類を作って応募するというステップなんですけども、書類作成に関しては、自分の今までやってきた仕事を棚卸ししながら、履歴書とか職務経歴書を作るっていうのが主にやることで、これは実際効率的にやれば2週間分ぐらいの土日を使えば終わると思います。

それで、その書類をもとに実際に応募するんですけども、その時に自分の希望に合った求人があるか。

これがですね、割と運次第みたいなところがあるんで、どのぐらいの時間がかかるっていうのが、私の方からあんまり断定的に言えないことです。

なにせ私の場合は、行きたい業界を結構絞り込んでたんで、その行きたい業界・行きたい会社の求人が出るまで半年ぐらいずっと待ってましたからね。

 

次に、その書類審査が通ればですね、面接に移るわけなんですけれども、書類作成でかかなり綿密に作り込んでいれば、そこまで面接の準備って時間かからないと思います。

まぁこれは面接の得意不得意によって、ちょっと時間のかかり方が違うと思うんですけども、ただ面接が得意であんまり準備時間がかからなかったとしても、会社側が面接を開催するのが、だいたい週に一回ぐらいで、一次二次最終って3回ぐらい面接を設けるところが多いと思うので、どうしても1ヶ月~1ヶ月半くらいかかっちゃうんですよね、期間として。

あと、私自身もそうだったんですけども、働きながらだと平日に面接を組むところも全然あるんで、日程調整が大変なんですよね。

ブラックな職場で苦しんでいる方とかだとちょっと難しかったりするんですけども、有給使って面接行くことも覚悟しとかないとダメです。

 

そして、無事面接を勝ち進んだら、次に内定をもらって退職の手続きと進んでいくわけなんですけども、時間がかかるのは退職の手続きの方ですね。

実際に、退職の手続きをしてみた私の経験からすると、一番いいのは退職する2ヶ月前くらいに言ってあげることですかね。

2ヶ月前に言ってあげたらかなり早いんで、もめることはまずないと思いますし、2ヶ月前に通知しているのに、とやかくいう会社があるんだったら、間違いなくその会社のほうが頭おかしいです。

皆さんも、ご存知かも知れないですけども、法的には退職の2週間前に言えばOKなことになってるんで、実際、これさえ守っていれば会社に何言われてもまったく気にすることはないです。

 

ちなみにまた私の話なんですけども、私が転職した時は、内定をもらったタイミングがけっこう入社予定日からギリギリのタイミングだったんで、退職の1ヶ月前ぐらいに言うことになっちゃいました。

1ヶ月前だと結構バタバタしますね。

退職って通知してからその後、会社からの引き留めの交渉があったりとか、その引き止めの交渉を断って退職することが決まっても、それから引き継ぎがあって有休どうするんだみたいな話もあったりするんで、1ヶ月だとかなりやっぱりバタバタですね。

この記事を読んでくださっている皆さんには、ぜひ2ヶ月前くらいに告知してゆったり引き継ぎして、有給もちゃんと消化するということをおすすめします。




 

転職に向けたスケジュールを組むうえでの注意点

注意点は3つです。

以下、順々に解説していきますね。

 

余裕もったスケジュール設定をすること

転職活動というのは、仕事とかにも通じるところがあると思うんですけども、どんなに効率的にやろうって思ってても、結局自分で見込んでいる時間のまぁ少なくとも1.5倍くらいの時間かかっちゃうんですよね。

自分が思い描いているスケジュール通りにはまず進まないって思っておいたほうがいいです。

なんでかっていうと、これは前回もお話した内容なんですけども、結局、転職先の会社の事情も関わることなんで自分がめっちゃ頑張って、スピーディーにやったからと言って絶対すぐ終わらせられるもんでもないんです。

例えば、順調に面接とかすごい進んでたのに、最終面接が近づくにつれて、先方も選ぶのに必死なんで、いくつか優秀な候補者で迷ってるとかで、面接の返答が急に遅くなるとか全然あります。

 

あと、これも怖いんですけど、カツカツの過密スケジュールにしちゃうと、スケジュールをこなすっていうのが目的になってきちゃうんですよね。

そうすると、もう作業みたいになっちゃうんで、「おいおい、俺はそもそも本当にこの会社に転職していいのか?」って立ち止まったりして、検討する時間がなくて、その過密スケジュールにただ追い込まれて、転職先を適当に決めちゃうみたいな人もいるんで、忙しい人こそ、そうなりがちなので気を付けて下さい。

ちょっと立ち止まる時間とか信頼できると思う友達たちとか親とかに相談する時間を取れるような余裕を持ったスケジュールを心がけましょう。




 

求人を探すっていうステップにたっぷり時間を使う

この求人を探す、どの会社を目指すのかというステップを間違っちゃうとホント大変で、変な業界とか企業を選ぶと自分に合ってない企業に行くために、その書類作成とか面接の準備とか諸々の作業することになって、そこに大きく時間取られちゃうわけなんですよ。

ゴールが間違っていると、そこに割かれる時間って全部無駄になっちゃうんでね。

まず、自分に合った業界・会社・職種って改めて何なのかなって分析する時間は、自分が納得いくまでたっぷり時間をとってもらった方がいいと思います。

なんか私の見る限りいろんな本とか web の記事には、「一般的な目安はその求人を探すステップ1ヶ月で十分」と書かれてるんですけど、個人的には、ここのフェーズで2・3ヶ月とか半年とか使っても全然いいと思います。

 

ベースの書類作成は先に済ませておく

私もそうだったんですけども、行きたい会社の求人がなかなか出なくて、半年ぐらい待ちぼうけってケースって全然あるんですよね。

その求人を待っている時に、「あぁ求人出ないなぁ」ってただボーっと待ってるだけじゃなくて、その空いた時間に同時進行で書類作成も進めてください。

例えば、今まで自分がどんな仕事をやってきたかとか、業界とか大きなくくりでの志望理由。

こういうものって事前に書けちゃうんで、募集が出る前にちゃんと書いておきましょう。

ここらへんのベースの内容を、いざ求人が出てから準備しだすと、特に働きながら転職している人は結構テンパるですよ。

なんか突発的な予定が1つ2つ入るだけで、「あれ?なんか思ったより時間かかる、やべぇ・・・間に合わない・・・」みたいなことになっちゃうんで、特定の求人が出てなくても、今からでも準備できることは、今からちゃんと準備しておくっていうのすごい大事です。

本当に、「今までどんな仕事をしてきましたか?」みたいな質問に関する回答は、もういつでも何なら今からでも書けるもんだと思うんで、早めに済ませることをおすすめします。




まとめ

はい、ということで、まとめに入ります。

 

まず、転職のスケジュールを転職の大まかなステップについてまとめると、、、

  1. 求人を探すのに大体1ヶ月くらい
  2. 応募書類を作って実際に応募するのにまた1ヶ月
  3. 面接に進んで行くのに1ヶ月
  4. 内定退職の手続きにさらに2ヶ月

これくらいの時間がかかるので、余裕をもって6ヶ月ぐらい見ておくといいスケジュールっていうのが一般的な目安です。

 

ただし、ここからはまぁ個人的な見解なんですけどももっと長く時間持っといた方がいいかなと思います。

特に求人を探すって所に、もっと時間を割いてもらった方がいいかなぁと思っていて、
一般的な目安では1ヶ月ほどでいいなんて言われているんですけども、どんな業界が、どんな会社が、どんな職種が、自分に合うか改めて見つめ直すということなんで、3ヶ月ぐらいしっかり時間をとった方が私は良いと思います。

とにかく私もバタバタだったんで、あんまり偉そうに言えないんですけども、転職の時期からしっかり逆算して余裕を持ったスケジュールを設定すること。

これをおすすめしています。

 

この注意点を含めた、転職スケジュールを決めるうえでの注意点も説明しましたね。

まとめると・・・

  1. 余裕を持ったスケジュール設定をすること
  2. 求人を探すっていうステップにたっぷり時間を使う
  3. ベースの書類作成を先にやっておく

 

特に大事なのは、この3つ目のベースの書類は事前に作っておこうってやつですね。

これは転職で勝ち抜くためにまずやっておいたほうがいいかなあと思うことです。

ベースの書類の作成を事前に済ませておいて、求人が出る前から、例えば誰かに見せたりとか、それを元に面接するとしたらどうやって話そうかみたいにイメトレしておいたんですよね、私は。

私は、それが結構ライバルに差を付ける要因になったかなって個人的に思ったりしてます。

「俺は転職したいんだ」って本気で思ってる人は、まず今からでもできることだと思うので、自分の今までの仕事でどんなことをやってきたかっていうことを800字ぐらいにまとめてみるととても良いと思います。

今回は以上です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)