Twitterで毎日のヒマツブシ記事更新情報をGETしよう!

樋口新葉は韓国人のハーフって本当?キムヨナを目標にしている理由とは!

フィギュアスケート選手として活躍する現在19歳の樋口新葉さん。

開智日本橋学園中学校、日本橋女学館高校を卒業したのち、明治大学に進学し在学中。

東京出身の樋口新葉さんですが、実は韓国人のハーフだという噂があるようなんです。

今回は、樋口新葉さんは韓国人のハーフであるという噂やキムヨナを目標にしている理由についてまとめていきたいと思います。

 

樋口新葉は韓国人のハーフ?

出典:https://ja.wikipedia.org

樋口新葉さんについて調べていくと『韓国人 母親』といったキーワードが浮上してきます。

このキーワードから考えると樋口新葉さんの母親は韓国出身という事なのでしょうか?

となれば、樋口新葉さんは、韓国人のハーフということにもなります。

出典:https://morisite.com

確かに、樋口新葉さんは日本人離れしたようなお顔ですが、韓国人のハーフであるという事実はないようです。

母親の名前は美枝子さんと言い、若い頃はフィギュアスケート選手の伊藤みどりさんに憧れていたそうなので、日本人の可能性が極めて高いです。




 

樋口新葉が韓国人のハーフと言われる理由

出典:https://dot.asahi.com

樋口新葉さんが韓国人のハーフだと言われる大きな理由は、顔です。

前述したように、日本人離れした韓国人のような顔をしているので噂が流れているようです。

また、キムヨナさんが憧れの選手であることも公言しているので、その影響もあるのではないかと言われているようでした。

ヒマツブシくん

顔の系統はそっちやもんな

 

樋口新葉がキムヨナや安藤美姫を目標にしている理由

出典:https://buzz-press.com

樋口新葉さんは、2014年11月の全日本ジュニア選手権で初優勝。

当時、中学二年生の12歳でした。

中学二年生での優勝は、安藤美姫さんや浅田真央さんに続き、史上三人目。

出典:https://a-genzai.com

そんな樋口新葉さんは、過去のインタビューで「安藤美姫さんやキムヨナさんとか、その辺を目指して頑張りたいです。」と発言。

スピード感とジャンプが武器である樋口新葉さんだからこそ、この二人を目指しているのでしょう。

なんたって、キムヨナさんはスピード感がある女子フィギュアスケート選手と言われており、安藤美姫さんは4回転ジャンプを公式戦で成功させた選手。

二人のいいところを吸収して活躍するスケート選手になりたいのでしょう。




 

韓国人は樋口新葉に好印象

出典:https://www.nikkansports.com

2017年2月13日に、『日刊スポーツ』樋口新葉さんが、江原道江陵で行われる国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケート『4大陸選手権大会』出場のために韓国に出国したと報じ、「樋口は2010年バンクーバー冬季五輪金メダリストのキム・ヨナ(26)と会うことを熱望した」と明らかにしています。

また、樋口新葉さんは、

「(4大陸選手権出場が決定された後)キム・ヨナ選手に会いたいとずっと思っていた。平昌冬季五輪広報大使を務めているキム・ヨナ選手とどこかで会えるかも知れないという考えを膨らませている」

と話し、「バンクーバー五輪でキム・ヨナ選手の演技を見てからジャンプの流れがきれいで、それで今もたまに動画を見ている。もし会えたら一緒に写真を撮りたい」とファンとしての心を伝えていました。

出典:https://blog.goo.ne.jp

この発言により、韓国人は好印象を抱いている様子。

日本のフィギュアスケート選手として活躍する若手選手が日本人選手ではなくキムヨナさんに憧れていると知れば悪い気になる韓国人はいないでしょう。

ヒマツブシくん

率直な本音なんやろなぁ

 

いかがでしたでしょうか。

今後も樋口新葉さんの活躍を期待しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)